研究開発の体制 – レーザープラズマ加速
  • 本サイトはJST「レーザー駆動による量子ビーム加速器の開発と実証 」プロジェクトを紹介するサイトです。

研究開発の体制

 本プロジェクトには、日本国内の8つの研究開発機関が参加し、3つの研究開発ユニットを構成して、2つの研究開発拠点を中心に研究開発を実施しています。

「レーザー駆動による量子ビーム加速器の開発と実証 」プロジェクトの研究開発機関

 

1.電子加速ユニット

阪大電子加速グループ
    1. ラムダキューブ型電子入射器の開発
    2. 入射器の高度化
    3. 安定ブースターの開発
QSTレーザー診断グループ
    1. 各種高精度高速ビーム診断技術の開発(パルス長・タイミング計測器の開発)
    2. ビーム制御技術の開発(イオン化入射法、衝撃波入射法、衝突入射法)
JASRI電子加速器等共通技術開発グループ
  • 研究担当者: 熊谷教孝(グループリーダー) [PI]
  • 所属機関:  高輝度光科学研究センター(JASRI)
  • 研究担当者: 大竹雄次(サブグループリーダー)[サブPI]
  • 所属機関:  高輝度光科学研究センター(JASRI)
  • 研究項目:
    1. レーザープラズマ航跡場への同期入射用〜10fs極超短パルス電子線型加速器の開発
    2. 〜10fs極超短パルス電子幅の測定手法の開発
    3. フェムト秒領域のレーザー同期法の開発
KEK小型システムグループ
  • 研究担当者: 吉田光宏(准教授)[PI]
  • 所属機関:  高エネルギー加速器研究機構(KEK) 加速器研究施設
  • 研究担当者: 山本樹(特任教授) [サブPI]
  • 所属所属:  高エネルギー加速器研究機構(KEK) 物質構造科学研究所
  • 研究項目:
    1. EUV-FEL実証用マイクロアンジュレータの開発
    2. X-FEL実証用マイクロアンジュレータの開発
    3. 磁場増強マイクロアンジュレータ磁石の開発
    4. 新奇原理に基づくマイクロアンジュレータの開発
    5. レーザーシステムの小型化
    6. 尖頭電流向上とバンチ内密度変調の研究
    7. レーザープラズマ追加速

2.イオン加速ユニット

QSTイオン加速グループ
  • 研究担当者: 近藤公伯(部長)[PI]
  • 所属所属:  量子科学技術研究開発機構(QST) 関西光科学研究所
  • 研究担当者: 白井敏之(部長)[サブPI]
  • 所属機関:  量子科学技術研究開発機構(QST)放射線医学総合研究所
  • 研究項目
    1. 10 Hz以上の高繰り返しレーザー駆動加速技術の開発
    2. 被加速粒子高純度化のための技術の開発
    3. レーザー、プラズマ、イオンに関するリアルタイム計測診断系の開発
    4. 4 MeV/u重イオン加速スキームの最適化

3.レーザー開発ユニット

分子研レーザーグループ
  • 研究担当者: 平等拓範(特任教授)
  • 所属機関:  自然科学研究機構 分子科学研究所
  • 研究項目
    1. 大口径連続接合装置の開発(直径数cm相当のDFC構造製作用)
    2. TILAモジュールの産業展開の準備
理研レーザーグループ
    1. 基本波出力2J級DFCモジュールの開発
    2. 第二高調波出力1J級波長変換素子の開発
    3. TILAモジュールによるTi:サファイアレーザー励起準備
    4. スペクトル合成レーザーの基礎研究
阪大レーザーグループ
    1. 大口径制御素子
    2. 高強度・高繰り返しアクティブミラー型増幅器の開発
    3. ジュール級二倍高調波(SHG)発生装置の開発
    4. パラメトリック増幅試験
    5. セラミックス母材新レーザー材料の開発
    6. レーザーシステムの共用利用の促進
    7. パワーレーザー用国内産業技術の結集と普及・産業展開
電通大FSグループ
    1. マルチコアファイバーを用いたコヒーレント加算
    2.  超低損失高強度対応オゾン回折素子の開発とその応用
    3. 低損失ミラーの損傷機構の解明と損傷データベース化

研究開発の拠点

本プロジェクトでは、理化学研究所(播磨)にレーザー電子加速プラットフォームを、また量子科学技術研究開発機構(関西光科学研究所)にイオン加速実証プラットフォームを整備して、研究開発の拠点としています。

レーザー電子加速プラットフォーム[理研播磨](地図)

 

イオン加速実証プラットフォーム[QST関西研](地図)