プレス発表「高強度のレーザー光による世界最大の電場発生を実証 ~重イオン加速器の飛躍的な小型化に期待~」 – レーザープラズマ加速
  • 本サイトはJST「レーザー駆動による量子ビーム加速器の開発と実証 」プロジェクトを紹介するサイトです。

プレス発表「高強度のレーザー光による世界最大の電場発生を実証 ~重イオン加速器の飛躍的な小型化に期待~」

国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(理事長 平野 俊夫、以下「量研」)量子ビーム科学部門 関西光科学研究所(以下「関西研」)の西内 満美子 上席研究員(JST さきがけ研究者を兼任)、ドーバー・ニコラス 博士研究員、榊 泰直 上席研究員(九州大学 大学院総合理工学研究院 連携講座 教授を兼任)、国立大学法人 大阪大学(総長 西尾 章治郎) レーザー科学研究所の畑 昌育 特任研究員、岩田 夏弥 特任講師(常勤)、千徳 靖彦 教授、国立大学法人 九州大学(総長 久保 千春) 大学院総合理工学研究院の渡辺 幸信 教授らの研究グループは、量研関西研の超高強度レーザー装置「J-KAREN(ジェイ カレン)」を用い銀標的に照射することで、既存技術のイオン加速器の1千万倍に相当する1mあたり83兆Vの電場が発生することを実証し、銀イオンを瞬間的に光速の20パーセント(一秒間に地球を一周半できる速さ)に加速することに成功しました。詳細はこちらをご覧下さい。